小さな幸せを大切に・・・そんな毎日を心がける主婦のつぶやき
--年 --月 --日 ( --)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年 06月 21日 ( Tue)
David.jpg


デビット・ウィラードソン ご存知の方も多いのでは?
私は恥かしながら、つい最近知りました。
世界で7人しかいない、Disney公認のお1人で、
現在注目されている若手(といっても60歳!!!)の画家だそうです!

油絵や水彩画と違って、何回も色を重ねて発色する版画は、
色褪せたりしないそうです。
シルクスクリーンという版画の一種で描かれている
恋する2人と題された絵には
ミッキーとミニーの、とても幸せそうな笑顔が描かれていて、
見ているこちらも、なんだかハッピーに・・・♪
鮮やかな色彩とキャラクター達の生き生きとした表情に、
元気が湧いてくる、そんな作品でした。

もう1人、ピーター・エレンショーというお方。
こちらもDisneyの画家のお1人ですが、
Disneyレジェンドと呼ばれ、称号を授与された画家で、オントシ92歳?!
いずれはピカソや、ゴッホと名を連ねるのではないかと言われている実力者だそうです。

新緑の花咲く森の中、桟橋でのんびり釣りをしているのは
よく見るとプーさん!
その周りには、愉快な仲間ピグレットやティガー、イーヨーがいるではありませんか?

月明かりに照らされている、美しいお城。
よく見るとお城に向かう馬車の姿が・・・。
そう、あの有名なシンデレラを描いたもの。
どちらも一見すると、のどかな風景画のようですが、
よく見るとDisneyをモチーフにしたものなんですね。

鮮やかな色を使って元気一杯のウィラードソンに対して、
とても落ち着いた、静かな風景画のエレンショー。
同じDisney公認の画家さんでも、全く異なる作風で大変興味深いものでした。

娘の英語のレッスンを終え、帰りたがらない娘に
「ミッキーの絵が飾ってあるみたいだから、ちょっと覗いてみよう!」
と立ち寄った展示会。
ラッセンや、ヒロヤマガタなどもあり、
すばらしい絵の数々に、ただため息が出るばかり・・・・。
名画と呼ばれる絵には、画家の情熱やオーラのようなものが、
吹き込まれているのか、私の様な素人にも心に響きます。
以前観たゴッホのひまわりも、ムンクの叫びも何かを訴えているようなオーラを感じたものです。

画廊や展示会って敷居が高いですけど、ふらりと立ち寄ってみるのもいいですね!
すばらしい絵にお目にかかると、なんだか幸せな気分になります。
とても素敵な絵だったので、後日主人も誘ってまた見に行ってしまいました。
購入する予定もないのに・・・(笑)

来場記念として頂いたウィラードソンの描いた、ミッキーとプーさんの絵葉書。
印刷してしまうと、残念ながらあのすばらしい質感は出ないんですね。
それでも貴重な絵を観られた思い出に、こっそり隠しています。
娘には内緒で・・・(苦笑)

全国で、他の作品と共に展示会を開催しているようなので、
ご興味のあるかたは、足を運ばれて見てはいかがでしょうか?

Disney Fine Art!

アールビバン株式会社

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2017 HA☆NA all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。