小さな幸せを大切に・・・そんな毎日を心がける主婦のつぶやき
--年 --月 --日 ( --)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年 08月 31日 ( Wed)
puttit-bread


お馴染みDONQのプチシリーズです。
いつも私の作るでき損ないのパンばかりでは、
なんだか家族に申し訳ないので、
本日の朝食はこのプチシリーズにしました。

メロンパン
ごまクロワッサン
チョコクロワッサン

帽子をかぶった様な、可愛いメロンパン♪
香ばしい黒ゴマとクロワッサンって、以外にも相性バツグンです。
生地にチョコを練りこんで、更に小さなチョコが入っている
クロワッサンもチョコ好きにはたまりません。

デニッシュ系のパンも大好きで、よく食べますが
一口サイズとはいえ朝食に甘いパンばかり・・・。
ちょっと失敗しました。
やはり、朝はプレーンなパンにバターやジャムが食べやすいですね。

クロワッサンやメロンパンが手作りで上手に焼けるって、憧れますね~♪
まだこちらは挑戦したことないので、
もう少し涼しくなったら挑戦してみようかなと思ってます。

早く涼しくならないかな~と
秋が待ち遠しい私です♪
スポンサーサイト
2005年 08月 29日 ( Mon)
bakedcheese1


この週末、友達が遊びにくることになったので、
ベイクドチーズケーキを焼いてみました。
実は濃厚なチーズケーキが大好きなのですが、
今回はカロリーも甘さも控えめな
(といってもお砂糖90gも入っていますが・・・)
カッテージチーズ(裏ごしタイプ)で作りました。

カットすると、こんな感じ↓です!!
bakedcheese2


いつものおやつには、カロリーが高すぎるし手間もかかるので、
おもてなしや、ちょっとし手土産には充分だと思います!

作り方はとっても簡単!

☆18cmの丸型1個分
材料
カッテージチーズ(裏ごしタイプ)・・・200g 室温に戻しておくと練りやすくなります
砂糖 90g
卵 3コ
生クリーム 100ml
薄力粉  大さじ4
レモン汁 大さじ3

作り方
?カッテージチーズに砂糖45g、卵黄3個分、
 生クリームを加え混ぜ、さらに薄力粉とレモン汁を加えます

?別のボールで卵白(3個分)に砂糖45gを加えよく泡立て、?に混ぜます。

?グラシン紙を敷いた、底が抜ける丸型に入れ、
 170℃くらいのオーブンで40~50分焼きます。

*お好みで、甘みの少ないビスケットを細かく砕き、
 溶かしバターに混ぜ、ケーキ型の底に敷き詰め、
 冷蔵庫で冷やし固めると、ビスケット生地のできあがり!

レシピでは170℃40~50分でしたが、
わが家のオーブンでは170℃60分で、
ちょうど良い焼き上がりになりました!
冷蔵庫で冷やして頂いても美味しいですよ♪

友達にも娘&主人にも大好評で、あっという間になくなりました!
カロリーの気になる方は低脂肪の生クリームにすれば、
さらにカロリーオフ、
逆にカッテージチーズではなく、
クリームチーズと脂肪分の高い生クリームに変えれば、
濃厚なチーズケーキになるのではないかと思います。
お好みのチーズケーキを、いろいろ作ってみるのも楽しいですね!
次回は、濃厚なチーズケーキを作ってみようかなと思ってます。



 


2005年 08月 26日 ( Fri)



本日のおやつは、とうもろこしでした!
近所に週2回だけ開く、産地直送の八百屋さんがあるのですが、
そこで見つけたとうもろこし!!
ナント3本で180円デス!
朝取りというだけあって、新鮮で甘くてシャキシャキッ
蒸かしただけで、充分美味しく頂けました。

「美味しいね~、美味しいね~」と無心に食べ、
「もっと~もっと~♪」と娘。
「えっつ?」
結局1本ペロリ。
恐るべし食欲です!!
手を煩わさなくても、簡単で美味しいものっていくらでもあるんですね。
こんなに喜んで食べてくれるなんて・・・???

昨日作ったビスケットは、不評でちょっと凹みましたが、
考えてみれば、とうもろこしにさつまいも、ジャガイモ等など
おやつになりそうな野菜は、いくらでもありますね。

旬のものを新鮮なうちに美味しく頂く~♪
これって、食の基本であるような気がします。
飽食の時代といわれ、なんでも簡単に手には入りますが、
いい物を見極める目と、素材を味わう味覚はもっていたいですね。

野菜や果物も交えながら、たまには手作りのお菓子も・・・。
そんな楽しくて美味しいおやつを、心がけたいと思います!
2005年 08月 25日 ( Thu)
sesami biscuit


セサミビスケットを焼いてみました。
バターの一部を練りゴマに替えて、表面に香ばしいごまを振ったビスケット。
甘さはかなり控えめながら、さくさくっとした食感が楽しめました。
が、娘の反応はいまいち・・・!!!
バターも牛乳も控えめな地味なお菓子は、どうやら物足りないようです。
2~3口食べて、
「ハイどうぞ、ママにあげるね!!」
「・・・・???」

パックンチョにおっとっと、ポッキーにラムネなどなど
最近スナック菓子ばかりを、食べたがる娘。
手軽なのでついつい与えてしまう私もいけないですね、
ちょっと反省してます。

子供にとっても、大人にとっても楽しいおやつの時間。
簡単にできて美味しいおやつ、いろいろ探してみたいと思います!

今回はこの↓本を参考にしました。
30分でできるクイックブレットやお菓子が満載デス!!

焼きたてがいちばん、クイックブレッド―計量はカップとスプーンで
藤田 千秋
4579208846

2005年 08月 22日 ( Mon)
nutsbread


くるみとスライスアーモンド入りのナッツブレッドを焼いてみました。
卵・牛乳・バターの入ったリッチなパンも大好きですが、
くるみやドライフルーツの入ったハードなパンも実は大好きです!
というか、なんでも大好き!(笑)

今回は、娘がお昼寝したのをいい事に、手捏ねに挑戦してみました!
パン作りの本をあれこれ見ると、殆どが手捏ね。
自分の手で感触を味わいながら、生地の状態を覚えていくんだろうなあと判っていながらも、
娘に横槍を入れられると、なかなか集中できないので、
いつも生地はHBにお任せ。
台の上に100回叩きつけて・・・なんて聞くと引いてしまいますが、
強力粉200gほどなら、すぐに馴染んでくるので、
本をチラチラ見ながらでも30分ほどで、
捏ねあがり、それほど苦になりませんでした。
最初はイーストの匂いが鼻に衝きましたが・・・。

焼き上がりが白っぽくなってしまうのは、発酵過多なのか、
レシピとわが家のオーブンの温度差のせいなのか、
まだまだ課題は山積みですが、焼き上がった時の喜びはひとしお・・・。

ハード系のパンって、子供の好むパンではないけれど、
バターもジャムも付けずに、黙々とパンを食べている娘を見ると焼いて良かった!!
と、少々の不出来もなんのその・・・(苦笑)

今度はグラハム粉を使った、
カンパーニュなどにも挑戦したいなあと思っています!

今回は↓この本を参考にしました。
季節に合った本格パンとクイックブレットが紹介されています。
パン作り12か月―手軽に焼ける本格パンとクイックブレッド
七沢 なおみ 谷上 正幸
4579206967


2005年 08月 21日 ( Sun)
yogurtaice


毎日暑い日が続いています。
冷たいものばかり、口にするのは体に悪いと思いながらも
ついつい冷たいものばかり欲しくなります。

ちょっと甘酸っぱいヨーグルトアイスを作ってみました。
そのままでも充分美味しいですが、
パフェ風にグラハムクラッカーを小さく砕いて、
ヨーグルトアイスを乗せ、
ポンヌママンのチェリージャムを添えてみました。
アイスクリームより軽くシャーベットより重い、さくさくアイスとなりました。
お好みで、コーンフレークやカステラを、
トッピングもシロップや果物にしても美味しく頂けると思います。

★材料(4~5人分)

基本の生地
プレーンヨーグルト 250g
生クリーム     100cc 
砂糖        60g

作り方
?ざるにクッキングペーパーを敷き、
 あらかじヨーグルトの乳清を切っておきます。    

?ボウルに生クリーム、砂糖を入れる。
 一回り大きなボールに氷水を入れ、その中で冷やしながら
 ハンドミキサーまたは泡だて器で六分立てにする。
 (すくい上げると流れ落ち、跡がすぐに消えるくらい)

?ヨーグルトを加え、ゴムベラで混ぜ合わせ、
 容器に流しいれ冷凍室で3時間以上冷やして出来上がり。

今回は脂肪分を4分の1カットできる、低脂肪生クリームを使用しました。
生地にマシュマロを小さく契って混ぜてみましたが、
冷凍すると少し固くなり、
ヨーグルトの酸味とマシュマロの甘みがほどよく、食感も楽しめました!

甘いものが苦手な方も、これならお勧めです。
厳しい暑さで食欲減退気味になりますが、
美味しく楽しく食して、この夏を乗り切りましょう!




2005年 08月 19日 ( Fri)



マニキュアが好きで、独身時代は週に2回は塗り替えていた私。
「綺麗な手ねえ~、何もしてないでしょ?」
なんてお褒めやら、嫌味やらをよく言われていたのも今では昔の話。
家事育児に追われ水仕事が増えると、
どんなに丹念にマニュキアをしても翌日には指先から剥げてきます。
マニキュアの剥がれた指先ほど、見苦しいものはないので、
結局、殆どしなくなってしまいました(泣)

それならばと、素足にサンダルのこの季節、
ペティキュアを楽しんでいます。
私ごときの汚い足の画像で恐縮ですが、
今年の夏のマイブームになっているのが、ネイルアート!
アートと言っても、細い筆で花びらをひとひらづつ描く必要のない
シールタイプのペティキュアシートです!

花柄・ドット柄・蝶・レース柄等など
種類も豊富なので、どれにしようか選んでいるだけでもとっても楽しい♪
ちょっと時間はかかりますが、
ベース~カラー~トップコート~シートを貼り付け~トップコート
で締めれば、1週間から10日は大丈夫です。
適当に貼っているだけでも、それっぽく見えるので
カラーだけではちょっと物足りないと言う方にはお勧めです。
お値段も2~3回分で500円前後と、かなりお手ごろ。
本来ならサロンでかかとや甘皮のお手入れをして貰って、
優雅な気分に浸りたいものですが、時間に追われ余裕のない毎日。
自分でできるものなら、自分でした方が時間的にも経済的にも合理的???

朝、私の足を見るなり
「ママの足、お花だね~♪」
「大きくなったら、ママと一緒にお花みたいに足やろうね!」
と今から約束させられ、
「見て!ほらっ、ママと一緒だよ~♪
すぐ剥がれちゃうけどねえ~、なんでだろうねえ???」
小さな足の親指に、おまけで貰ったシールを貼って喜んでいる娘(苦笑)

いつかお揃いでペティキュアができるのかしら?
そんな遠い日を夢見ながら、娘を寝かしつけた後に、
こそこそと1人でペティキュア塗りに励む私です(笑)
2005年 08月 18日 ( Thu)



すっかり更新が滞ってしまいました。
主人が夏休みに入り、松本からは妹家族が上京、
実家に集合・・・なのに父が急に入院!!
実家と病院を交替で行ったり来たり、
何だかドタバタの毎日で、あっという間に1週間が過ぎてしまいました。
父は1週間ほどで退院でき、大事に至らなかったのは幸いでした。
一昨日わが家に戻り、またいつもの生活がスタートです。

それにしても、毎日暑いですね。
澄み切った青空を見ると、外に出たくなりますが、
あまりのギラギラの暑さに、今日は1日家で休養することに・・・。

そこで、久し振りに大好きなブリオッシュを焼いてみました。
この暑さのなか、バターの多いリッチなパンは生地が緩んで、
難しいのにブリオッシュ???

室内は冷房を利かせて、
あらかじめ強力粉は冷蔵庫で保存しておき、
バターもドロドロに溶かし過ぎないよう注意を払い
発酵時間も短めにしました。
が、やはり生地はユルユル・・・???
キノコ型の可愛いブリオッシュに成形するのは無理なので、
手早くできるまんまるボール形に・・・。
焼き上がりは高さのある丸くて可愛いブリオッシュではなく、
横に広がってしまったブリオッシュ・・・???
あらあら~???
形はさておき、お味はバターと牛乳・卵がタップリ入った
甘くて美味しいブリオッシュに焼きあがりました、ホッ。

最近、失敗続きだったパン作り。
今回はブログにUPできる状態ですから、まあまあでしょうか・・・苦笑
やはり焼き上がったばかりの香ばしいパンを、頂けるのは手作りならではの醍醐味。
「美味しいね~♪、美味しいね~♪」
と小さなブリオッシュをあっという間にふたつも食べてしまった娘!!!
この暑さでも、相変わらずの食いしん坊ちゃんです(笑)
美味しいと喜んで食べてくれる家族に励まされ、
またまた挑戦したいと思います!

さてさて、次は何を焼こうかしら???
2005年 08月 11日 ( Thu)
3歳になった娘は、未だにお昼寝の時も、夜寝るときも、
1人で眠りに付くことはまれで、いつも添い寝。

そして必ず眠くなると、私のおへその辺りを触りたがる。
それは私のお腹の中に宿っていたことを、無意識に覚えているのか、
単に触り心地がいいのか、私にはよくわからないが、
洋服の上からではなく、シャツを捲り上げて素肌に触る。

早く1人で眠ってくれないかしら?
いつになったら添い寝が必要無くなるのかしら?
そうすれば、少しは私の時間もできるのに・・・。
といつも思ってしまうが、
娘の小さな手の平が触れると、なんだか私も眠くなってくるから不思議???
娘を寝かし付けるはずが、私の方が先に眠ってしまうこともよくある・・・苦笑

若くして同棲生活を始める人達は、
乳幼児期のスキンシップが足りない事が多いとか・・・???

見ること、聞くこと、食べること・・・etc
乳幼児期の生活のすべてが、未来の糧になると思うと
何事もおざなりには、できないなあと思う。
将来、大輪の華が咲くように、今は土壌を整えタップリ水を注ぐ時期。
そんな事をあれこれ考え、
小さな手のぬくもりを感じながら、
いつの間にか、心地よい眠りに吸い込まれている私であります。

2005年 08月 07日 ( Sun)




半端に余ってしまったバケットやフランスパン・食パンを冷凍保存しておき、
量がまとまったらフレンチトーストにしています。

蜂蜜やメイプルシロップをたっぷり掛けて頂いたり、
ちょっとリッチにホイップクリームで頂いても・・・。
市販の冷たくなってしまったフレンチトーストより、
できたての暖かいフレンチトーストの方が、とにかく美味しいデス!!

★レシピを紹介(1人分)★

卵 1コ
牛乳 2分の1カップ
お砂糖 小さじ1
バニラエッセンス 適量
バター 適量
バケット2~3cmの厚さ、3コ位ならこの分量でOKです。

パンを自然解凍した後、
ボールに上記の材料をよく混ぜて、パンを浸します。
フライパンにバターを溶かし、パンに焦げ目が付いてきたらできあがり!!
前の晩に浸し冷蔵保存しておくと、パンの中まで卵がしみて、
カチカチだったフランスパンも、嘘のように柔らかく焼きあがります!!

短時間で簡単にできるので、忙しい朝やおやつにお勧めです!




2005年 08月 05日 ( Fri)



最近は失敗続きのパン作りですが、
気を取りなおしてチーズパンを焼いてみました。
以前、ふつうにおいしい、うちのごはんのメグミさんが、
美味しそうなウインナーロールを紹介されていたのを拝見して、
電子レンジパンに挑戦してみることに・・・。

強力粉100g
牛乳75ml
バター 8g
お塩 1g
お砂糖 9g
ドライイースト4g

これなら量が少ないので、簡単に手で捏ねられる分量です。
子供の手の平サイズで、
プロセスチーズの入ったチーズパンが4個焼き上がりました。
いつもは捏ね上がりの温度やら、発酵状態をチェックするのですが、
これで発酵されてるの???って、
全く膨れていない状態でも、発酵完了なんですね。
捏ね~発酵~焼きまでざっと1時間弱、
娘がスヤスヤとお昼寝している間にできあがりました!
ちょっと捏ね過ぎたのか、パンがやや固めな感じはしましたが、
それでも充分美味しかったです!
娘も美味しい!美味しい!と喜んでペロリ!

短時間でできるので、おやつや小腹が空いた時、
量はいらないお惣菜パンやお菓子パンに、
このレンジパンは便利だと思います!!!

パンって、いろんな作り方があるんですね。
あまりにも簡単にできてしまったので、
いつものあの苦労は何なのかしら?
ちょっと狐に抓まれたような気もしますが、
いろいろ挑戦して、私流(?)の美味しいパンが焼けるよう、
追求していきたいと思ってます!!

↓この本を参考にしました。
作業する時の注意点も丁寧に写真付きで載っています!
電子レンジ料理の第一人者・村上祥子さんの
45分で電子レンジパン
村上 祥子
4522411790





2005年 08月 04日 ( Thu)



毎年恒例になっている、わが家でのプール大会???
と言っても直径1.5mほどのビニールプールでの水遊びですが・・・。

妊婦の時からのお付き合いで、現在もいいお付き合いが続いているママ友達。
昨年も同じメンバーで遊びましたが、
おとなしく水に浸かって遊んでいた昨年に比べ、
今年はバタ足の練習かな????
大きな水しぶきが狭い庭に飛びはねたり、
オモチャを譲ったり、譲られたり・・・勿論、取り合いもあり!
3歳のお姫様達は元気いっぱい、口も達者ですから、
自分たちの意思もかなり主張する様になりました。
目を見張る成長ぶりには、幼児期の1年の重さを実感します。

オモチャの取り合いや、場所の取り合い、
揉め事もいろいろと増えますが、これもひとつの成長の証。
遊びの中から子供同士のコミュニーケーションをはかって、
子供なりの人間関係を築いて欲しいものです。
兄弟の多いご家庭なら、その中からいろんな事を吸収するのでしょうが、
一人っ子が増えている現在は、お友達との遊びは兄弟姉妹と同じようなもの。
お友達との遊びは、貴重な時間となっています。

笑ったり、泣いたり、叫んだり・・・!!!
お姫様3人は大ハシャギで楽しく遊びました。
娘はお友達との別れを惜しみながら、
あっという間にバタンキュ~zzz
夕方2時間ほど眠ったあと、お夕飯も食べずにシャワーだけ浴びて
またまた深い眠りにつきました~zzz
寝る子は育つといいますが、本当によく眠る娘です(笑)

今日は、いっぱい遊んで楽しい1日だったね!
いい夢をみて、明日もまた楽しい1日でありますように・・・♪


2005年 08月 03日 ( Wed)
毎日30℃を越す暑い日が続いています。
皆様、体調など崩されてはいないでしょうか。

外気温と室温の差が激しいと、体が適応できなくて疲れます。
連日続く熱帯夜に睡眠不足の方も多いのでは・・・???
夏バテ対策は、休養と栄養と水分補給が不可欠なんだそうです。
そう言われてみれば、確かに・・・。

この暑さは子供も、かなり体力を消耗するのでしょう。
3歳になったばかりの娘は、このところ毎日2時間はぐったりと
お昼寝しています。
お昼寝させると夜寝るのが遅くなるので、
寝かせないようにしているの、という同年齢の子が多いというのに・・・。
娘は、よぽど体力がないのかしら?
気にはなりますが、睡眠不足だと娘は目の下にクマができます。
幼児期は個人差が大きいので、よその子と比較しないようにして、
娘の体調管理をしたいと思います。

充分に睡眠をとり、タップリ栄養を取る。
ジュース類での水分補給はさけ、お茶やお水で補給を・・・。
ベットに入ってから2時間くらいで、エアコンのタイマーはOFFに
起きる1時間くらい前に、再びエアコンをON!
エアコンに浸りすぎても体に悪いですが、ないと体が持ちません。
上手に利用して、この暑い夏を乗り越えたいと思います。

どうぞ、皆様も夏バテなどされぬよう、
楽しい夏をお過ごしください。




2005年 08月 01日 ( Mon)



くるみパンを焼いてみました!
が、実は大失敗。
生地のこね上がり温度は25~28℃が理想的といわれるのに、
なんと30.5℃に・・・!!!

案の定、生地はドロドロ状態で、成形するのに手にベトベト付いてしまって四苦八苦。
生地にハサミで5箇所切込みをいれて、
お花のような可愛い形になるはずのくるみパン。
ハサミで切込みをいれることは難しく、どうにか丸い状態にしました。
こんな状態で食べられるパンが焼き上がるのだろうか???
心配しながら焼きましたが、
お味はまあまあ食べられたのは、せめてもの救いでした、ホッ。

実は最近、パン作りは失敗続きで、かなり凹んでいます(泣)
いつも白っぽく焼き上がってしまうのは、発酵のしすぎと判明。
HBで一時発酵まではお任せにしていたのですが、
発酵時間が長いようなので、こね上がり迄をお任せする事にしましたが・・・。
気温30℃を越す真夏のパン作りは、
室温も考慮にいれ、小麦粉やお水を冷やしておくなりするべきでした。

パンって、本当にデリケートな食べ物なんですね。
自分で焼くようになって、つくづく実感しています。
パン屋さんに並ぶ、美しいパンを横目に、
また懲りずにチャレンジしたいと思ってます、トホホ。

↓今回はこの本を参考にしました。
テレビ東京「TVチャンピオン・全国パン職人選手権」2位に入賞した山本聖さんの本です。
こね上がりや発酵状態など、作業過程も丁寧に写真付きで
説明されています。
手作りパンの本―おいしいパン屋さんの味を手作りで
山本 聖
476620512X



copyright © 2005 HA☆NA all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。